広見ヤナのうなぎが美味しい訳

生けすに入れた魚篭(びく)から、活きのよいうなぎを取り出します。
背開きで手際よく割いて、骨を取り除きます。
串に刺して炭火でじっくり焼き上げます。うなぎ丼、蒲焼は一人前2/3匹を使用します。
身にしっかりと火が通ったら、秘伝のたれをかけます。
たれを二度づけして仕上げの焼きを行えば、芳ばしい香りが広がります。
器に盛りつけ、たれをかければできあがり。